【レビュ―】SF映画のブレードランナーは生命とは何かを問いかけた傑作!


ブレードランナー ファイナル・カット 製作25周年記念エディション [Blu-ray]

1982年に公開されたSF映画の金字塔です。エイリアンでブレイクしたリドリー・スコット監督の次回作でした。当時実写化不可能と言われていたフィリップ・K・ディック原作の
『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』の映画化です。

「ブレードランナー」のスタッフ・キャスト

監督
リドリー・スコット

脚本
ハンプトン・ファンチャー
デヴィッド・ピープルズ

原作
フィリップ・K・ディック
『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』

出演者
ハリソン・フォード
ルトガー・ハウアー
ショーン・ヤング

「ブレードランナー」のあらすじ

2019年、地球は環境破壊によって居住が困難になり、人類は宇宙への移住が一般敵になっていました。
地球では都心部に酸性雨の降られながら僅かばかりの人々が暮らしてるような状態。
そんな地球や宇宙で人間の代わりに危険な労働に従事されられていたのが「レプリカント」と呼ばれる人造人間でした。遺伝子工学の発展により誕生した彼らでしたが、彼らにも製造から数年経つと人間同様の感情が芽生え、主人たる人間に反旗を翻す事件が発生するようになります。

それを防止するために、新型のレプリカント「ネクサス6型」には4年のという寿命が与えられましたが、脱走し人間社会に紛れ込もうとするレプリカントが後を絶ちませんでした。
そんなレプリカントを見つけ出し、処分する任務に就くのが警察の特別捜査官、通称「ブレードランナー」と呼ばれる人々でした。

そんなある日、デッカードのもとに、レプリカントの一団が脱走し、地球に潜伏しているという情報が入ります。
「殺し屋」としての仕事に疲れ果て、ブレードランナーを退職していたデッカードでしたが、捜査のため強制的にブレードランナーに復職。

脱走したレプリカントたち(ロイ・バッティ、リオン、ゾーラ、プリス)を見つけるため、レプリカント開発者であるタイレル博士のもとへ向かいます。

そこで出会った美しい秘書、レイチェル。デッカードは彼女もまたレプリカントであることを見抜きつつも、彼女に惹かれていきます。

感想・レビュー

SF映画の金字塔

1982年に公開されたSF映画の金字塔です。公開当時の日本では不振でも、今や屈指の名作との評価が一般的な今作ですが、現在のスタイリッシュでテンポに富んだ映画から見ると正直退屈に感じられる人も少なくないかもしれません。
しかし、日本の強い影響を感じさせる街並みや、意味不明な日本語のやり取りなど様々なちいさな「?」を頭に残すことでしょう。
(有名なのが「二つで十分ですよ!」のシーン。なにが二つで十分なのかは一部で議論が生まれたほど)

それまでのイメージを覆す「近未来」

それまでの近未来のイメージと言えば、「2001年宇宙の旅」や「TRON」などに清潔でクリーンなイメージで描かれることが多く、その無機質な中で描かれるAIの反乱や人間同士のいさかいが主でしたが、この作品では未来的でありながら汚く、酸性雨の降り注ぐビジュアルは当時としては非常に斬新で、「スチームパンクの先駆的作品」ともとられています。

「心」とは何か?人間とは何か?

そして単純な勧善懲悪に収まらない、生命に対する問いかけ。

本作の前の監督作「エイリアン」ではリドリー・スコットはAIを悪として描きました。
(マザー、アッシュ)
今作では人工知能にさらに強く足を踏み入れ、そして私たちに問いかけています。
すなわち「「心」とは何か? レプリカントと人間の間に、どんな違いがあるというのか?」

「殺す/生き残る」ではなく「死ぬ/生きる」そんな生死の現実を描いたラストはあまりに詩的。

お前たち人間には信じられない光景を俺は見てきた
オリオン座の肩の近くで炎を上げる戦闘艦
暗黒に沈むタンホイザーゲートのそばで瞬くCビーム
そんな記憶もみな、時とともに消えてしまう
雨の中の涙のように
俺も死ぬときがきた

ラストのレプリカント「バッティ」のあまりに詩的な独白(※)です。
微笑みながらこのセリフを言うバッティにあるのは抗い続けてきた運命への諦めでしょう。

そしてその瞬間戸惑いの表情を見せるデッカードの胸にあるのは正しく「レプリカントの愛情や崇高さと人間の間に、一体どんな違いがあるというのか?」という問い。

ラストシーン、レイチェルを連れて逃避行へ向かうデッカード。それはレプリカントも人間もどちらも心を持った存在としてデッカードが扱っているからにほかならないと思います。

※実は「バッティ」を演じたルドガー・ハウワーの即興なのだそう!凄い!

豆知識

ブレードランナーというタイトル

ブレードランナーというタイトルはウィリアム・S・バロウズの小説から拝借されている。
もともとのタイトルは「デンジャラス・デイズ」でした。こちら本作のメイキング映像のタイトルに引き継がれています。