炎上注意!なぜマンガの実写化が一番炎上しやすいのか?

他のページに行く前にシェアしていきませんか

『ジョジョの奇妙な冒険』『こちら葛飾区亀有公園前派出所』『ドラゴンボール』これらはどれも実写化に際して炎上・・いわば燃え上がるような激しい賛否を受けた作品です。(週間少年ジャンプという共通点もありますが。

炎上しやすいにもかかわらず、なぜ近年以前にもまして数々のマンガが実写化されているのでしょうか?
ちょっと考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

マンガの実写化のメリット

利点1. ストーリーや世界観が既にある

小説でもそうなのですが、すでに原作があるものは脚本をうまくまとめる必要はあるものの、ストーリーや世界観がすでにあり、成功するかわからないものを1から作るよりもリスクが少ないように思えます。

利点2. 多くの人に興味を持ってもらえる

例えば本でいうなら10万部売れたらベストセラー。

でもマンガって他のどのジャンルの本よりも多くの人に届きやすい≒売れやすい形態とも思うんですよね。

例えばワンピースなんて、累計数億部くらいあるでしょうし、最新刊が出ればその発行部数はいわゆるベストセラーの数十倍は下らないでしょう。

だからこそ、その作品が実写化になるとしたら、膨大な数の読者にも関心を持ってもらえることでしょう。

しかしながら成功の成否に強くかかわるのも、この『原作ファン』と呼ばれる人達。

ここからは「なぜ炎上しやすいのか?」を考えたいと思います。

マンガの実写化が炎上する原因

原因1. 解釈が限定されてしまう

小説だと文字のみの表現なので各々が頭にイメージを描いていくことになります。

その分、映像としての解釈に差があったとしても、『そういう想像をしてたんだ、この監督さん』って解釈の幅の分だけ相手を許しやすいと思うんです。

これが漫画だと、例えば各キャラクターはすでに絵にしてあり、外見をどうするかはあまり解釈の余裕がありません。

構図もそう。テンポはコマ割りとその大きさで、おのずと固まってきます。

それを再現するのは並大抵ではなく、他のメディアに比べて漫画の実写化は大変だろうなと感じますね。

原因2.そもそも映画向きを念頭に作られていない

こう言ってしまうと、マンガに限らず、小説など原作付きの映画はみんなそうなってしまうんですが、映画向きを念頭に作られていないんですね。

例えば作中屈指の人気キャラが登場するのがコミックス6巻目くらいだとしましょう。

しかし、おおよそ無理なく映画化できるのは約コミックス2巻分らしいです。

だとするとどこかに設定の変更やストーリーの省略を余儀なくされます。

深い人気を獲得している作品であればあるほど、また読者の想い入れも深いもの。

そうなると、いかなる改変であっても、炎上は免れない気もします。。。