【レビュー】「スピーシーズ 種の起源」はエロだけじゃないぞ!

他のページに行く前にシェアしていきませんか


1995年の作品。宇宙からのDNAと地球のDNAで生まれた生物の繁殖一代記。「エイリアン」で有名なH・R・ギーガーが今作のエイリアンの造形も手掛けています。
ナターシャ・ヘンストリッジは本作が映画デビュー。めちゃくちゃ美人で『世界一美しいエイリアン』と呼ばれてました。
これはエロトラウマになってる人多いんじゃないかな?昔は木曜洋画劇場で年に一回は必ずやってた気がします。

スポンサーリンク

スピーシーズのスタッフ・キャスト

監督
ロジャー・ドナルドソン
脚本
デニス・フェルドマン
出演
ナターシャ・ヘンストリッジ
ベン・キングズレー
ミシェル・ウィリアムズ
マイケル・マドセン
フォレスト・ウィテカー

スピーシーズのあらすじ

感想・レビュー

なんだかんだ人気作

えーっと、なんだかんだで続編が3本、パチモノも複数作られている人気作品。

人気の理由は美しい女性の裸、、、もあるでしょうが、単純にストーリーもつまらなくはないから、ではないかな?と思います。

ナターシャ・ヘンストリッジが美人すぎるぞ!

まぁナターシャ・ヘンストリッジもめちゃくちゃ美人で、クラブで知り合った男の前で胸を露にするシーンは当時の青少年のエロトラウマになったのではないでしょうか?(もちろん私もその一人。)

海外の女優さんではずば抜けて当時好きでした。あまりブレイクしなかったけど。。

某千年さんに負けずとも劣らないキレイさなので是非男性諸君はチェックしてみてください。

ちなみに今はアマンダ・セイフライドとか、「かわいい系」が僕の好みです。


ナターシャ・ヘンストリッジ


アマンダ・セイフライド


某千年さん

さて、話が脱線しそうなので(笑)、元に戻しますね。

デザインはH.R.ギーガー

宇宙人のクリーチャーデザインは「エイリアン」でもデザインを担当したH.R.ギーガーが担当。ギーガーらしいデザインをふんだんに取り入れたクリーチャーになっています。

今作は「エイリアン」と比較するとグロテスクな描写が多いです。なのでそういうのが苦手な人は少し注意かも。