『映画レビュー』シン・シティ

他のページに行く前にシェアしていきませんか

シン・シティ [Blu-ray]

フランク・ミラー原作、ロート・ロドリゲスとの共同監督作品です。

コミックスの雰囲気をそのまま再現するモノクロの映像はコントラストが強めで死ぬほどスタイリッシュ。

またロドリゲスの盟友、クエンティン・タランティーノがワンシーン、監督を努めています。

スポンサーリンク

「シン・シティ」のキャスト・スタッフ

※ロドリゲス率高い!笑

監督
ロバート・ロドリゲス
フランク・ミラー
クエンティン・タランティーノ(ゲスト)

脚本
ロバート・ロドリゲス
フランク・ミラー

原作
フランク・ミラー

製作
エリザベス・アヴェラン
ロバート・ロドリゲス
フランク・ミラー

製作総指揮
ボブ・ワインスタイン
ハーヴェイ・ワインスタイン

音楽
ジョン・デブニー
グレーム・レヴェル
ロバート・ロドリゲス

撮影
ロバート・ロドリゲス

編集
ロバート・ロドリゲス

製作会社

トラブルメイカー・スタジオズ

出演者
ミッキー・ローク
ブルース・ウィリス
ジェシカ・アルバ
クライヴ・オーウェン
ロザリオ・ドーソン
ブリタニー・マーフィ
イライジャ・ウッド
マイケル・クラーク・ダンカン
ベニチオ・デル・トロ
ニック・スタール

感想・レビュー

ロドリゲスの映画といえばどくとくのネチっこさがあると思うんですよね。

B級ホラー映画のような血の表現とかが顕著だとおもうんですが、本作ではモノクロにすることでそのネチっこさを軽減させています。

前述したように、シン・シティの魅力はコミックの感覚の再現にとてもこだわっているところ。

それゆえに画作りも映画らしいカットというよりはコマ割を実写化したようなそんなカットが多いです。

メイキングでは俳優さんもほぼグリーンバックでの撮影なのがわかります。大変そうっ!

 映画自体は三本のストーリーからなるオムニバス形式。世界観は共通ですが、時間軸は前後しているので、観終わったあとに自分自身で時間軸を整える楽しみもあります。

古畑任三郎と同じパターン(ごめんなさい古畑任三郎大好きなんですよ)!

イエローバスタードを演じたニック・スタールはミディアムくらいの髪の長さでイケメンが爆発しています!

ターミネーター3でニック・スタールを猿あつかいした全ての人にシン・シティは観てほしいなぁ。。

また、ポイントの色だけはカラーなのもいい感じにアクセントが効いています。