【映画 レビュー】クリード チャンプを継ぐ男

他のページに行く前にシェアしていきませんか

クリード チャンプを継ぐ男 [4K ULTRA HD + Blu-ray]

スポンサーリンク

「クリード チャンプを継ぐ男」のスタッフ・キャスト

監督
ライアン・クーグラー

脚本
ライアン・クーグラー
アーロン・コヴィントン

原案
ライアン・クーグラー

製作
シルヴェスター・スタローン
アーウィン・ウィンクラー
チャールズ・ウィンクラー
ロバート・チャートフ
ウィリアム・チャートフ

出演者
マイケル・B・ジョーダン
シルヴェスター・スタローン
テッサ・トンプソン
アンソニー・ベリュー
グレアム・マクタヴィッシュ
アンドレ・ウォード

「クリード チャンプを継ぐ男」のあらすじ

元世界チャンピオン、アポロ・クリードの非嫡出子であるケニーはアポロの正妻の元でなに不自由なく暮らしていた。

しかしケニーには父親と同じボクサーになりたいという思いがあった。にはアポロの最期からその思いを反対されるが、ケニーは仕事もやめ、本格的にボクサーへの道を歩むことを決意する。

父のアポロがかつて通っていたジムを訪ねるも、金持ちのケニーは相手にしてもらえない。

そこで、父の宿敵であったロッキーのもとを訪ねることに。

閉店後のエイドリアンズ

感想・レビュー

新しい伝説の誕生

ボクシング映画の名作「ロッキー」のスピンオフ作品。

シリーズを通してのライバルであり戦友のアポロ・クリードの息子を主人公に添えた、新たなレガシィの誕生です。

本作は批評家からも絶賛されていますが、本当にいい作品だと思います。

2つの『戦い』

ケニー・クリード(以下クリード)はボクサーとして元世界王者のコンランと戦い、ロッキーは癌という病と戦っていくことになります。

今作の優れた点は、ボクサーとしての役割は全てクリードに負わせていますが、かといってロッキーはもう戦わないのか、と言えばそうではないところ。

クリードの試合ではロッキーはセコンドとして補佐を務めますが、ロッキーの闘病においてはクリードがロッキーを支えていきます。

ロッキーシリーズの変わらない信念

ロッキーシリーズからのキャストを制限し、あくまでもクリードの物語ではあるものの、ロッキーシリーズの最終章『ロッキー・ザ・ファイナル』で語られる

『人生ほど重いパンチはない、それでも諦めずに前に進み続けなければならない』

この言葉そのままに、例えボクシングからは退いたとしても、生きている限り戦いの連続なんだと、それでも諦めない強さが必要なのだと闘病するロッキーを通じて感じさせられます。

それこそが今作に至るまでロッキーシリーズを貫いてきた変わらない信念でありメッセージなのだと思います。