【映画レビュー】バーニング・オーシャン

バーニング・オーシャン。。原題とはかけ離れたタイトルになってしまいました。

原題はdeep water horizon で、石油掘削施設の名前からとられています。

2010年に起きた、世界最大規模の原油流出事故をベースにしていますが、日本ではそれほど知名度がなかったのでしょうか??

主演はマーク・ウォールバーグ。ラブリーボーンでは線の細いお父さん役でしたがここでは体格もたくましい、原油採掘作業員を熱演しています。

「バーニング・オーシャン」のスタッフ・キャスト

監督
ピーター・バーグ

脚本
マシュー・マイケル・カーナハン
マシュー・サンド

原案
マシュー・サンド

製作
ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ
マーク・ヴァーラディアン
マーク・ウォールバーグ
スティーヴン・レヴィンソン
デヴィッド・ウォマーク

製作総指揮
ジェフ・スコール
ジョナサン・キング

出演者
マーク・ウォールバーグ
カート・ラッセル
ジョン・マルコヴィッチ
ジーナ・ロドリゲス
ディラン・オブライエン
ケイト・ハドソン

感想・レビュー

実話を基にした作品です。 題名のように、炎のシーンはもちろんのこと、泥水が噴出してくる迫力が素晴らしかったです。
あれよあれよと泥水が噴出してから炎に施設全体が包まれる絶望感。