「ステキな金縛り」阿部寛を虜にしたGODIVAはこれ!

他のページに行く前にシェアしていきませんか

スポンサーリンク

ステキな金縛り

「ステキな金縛り」は2011年の三谷幸喜監督作品。深津絵里、西田敏行主演のコメディです。

三谷幸喜監督、法廷ものが好きなことでも知られていますが、今作はまさに法廷もの。

限られた人にしか見えない『幽霊』を題材にした、法廷サスペンス・コメディーともいえる作品に仕上がっています。

あらすじ

宝生エミは失敗ばかりの落ちこぼれ弁護士。

上司から最後のチャンスとして矢部五郎の事件を任される。

任務は妻殺しの容疑をかけられている矢部五郎の無罪を証明すること。

矢部五郎は自分のアリバイとして、『その日は旅館に泊まっていたが、幽霊のせいで金縛りにあい、旅館からでることができなかった』との証言をする。

そこで宝生エミは同じ旅館に泊まってみることに。

そこで証言とおなじ落武者の幽霊(更科六兵衛)が出現。

驚くエミだが、これがチャンスとばかりに裁判での証言を要求。

前代未聞の幽霊を証人とした裁判の行衛は果たして?




阿部寛演じる速水弁護士

深津絵里演じる三流弁護士の宝生エミ。その上司が阿部寛演じる速水弁護士でした。デキる弁護士の一方、医者に禁止されている甘いもの(ゴディバのチョコレート)を隠れて食べたり、法廷でタップダンスを踊るなど、どこかユーモラスで憎めないキャラクターでした。

ちなみにこの速水弁護士、よく見るとスーツのサイズが少し大きいんですよね。

三谷幸喜監督のコメンタリーによれば、速水弁護士はもともと太っていた体系だったが、病気で痩せたという設定なのだそう。

それを裏付けるように、映画の本編の途中で病死し、そこからは幽霊として宝生エミの前に登場します。

ゴディバ(GODIVA)のチョコレート

「ステキな金縛り」に登場するゴディバ

「ステキな金縛り」に登場するゴディバは速水弁護士が自身の机の中に隠しています。もともと甘いものが好きな速水弁護士。
人の目を盗んで、医者から禁止されているチョコを食べるときのなんとも美味しそうな表情がたまりません。


ゴディバ (GODIVA) ゴールド コレクション 35粒

ゴディバ(GODIVA)の商品購入はこちら