【閲覧注意】おすすめできない!トラウマ必至のホラー映画5選

他のページに行く前にシェアしていきませんか

最近は気温も暑くなって、ホラー映画の季節になってきました!(まぁ5月はまだ早いけどさ)

そこで、ちょっと今日はマニアックに、【閲覧注意】モノで行きたいと思います!

観ない方が良かった!そんなトラウマ必至のホラー映画を5つ、紹介します!

スポンサーリンク

セルビアン・フィルム

アンモラルなエログロ映画。内容は過激なれど、描写は割りと観れるかな?と思います。

もちろん人を選ぶ作品であることは間違いないです。

ネクロマンティック

追悼のざわめき

日本のトラウマ必至の不条理映画。

その破壊力たるやすさまじく、筋肉少女帯の大槻ケンヂさんは観賞後の感想を『生きててすみません!』とエッセイに綴っています。

観るには相当の覚悟が求められる作品。

ファニー・ゲーム

ミヒャエル・ハネケ監督の超問題作。

暴力をエンターテインメントではなく、徹底してただただ不快なものとして描写し続ける作品です。

グロさはないけど、とにかく『痛い』作品。

エンターテインメント=暴力の図式に疑問符を投げ掛ける問題作です。

テキサス・チェーンソー



名作ホラー映画、『悪魔のいけにえ』のリメイク作です。多分に笑いの要素も入っているオリジナル版にくらべて、容赦ない残酷描写を一言でいうと『苦痛』。

亡くなったR・リー・アーメイ演じるホイト・ヒューイット保安官の狂気がレザーフェイス以上に冴え渡り、レザーフェイス以上にホイト保安官が怖い作品となりました。




この記事を見た人におすすめ!