【映画 レビュー】007 慰めの報酬

他のページに行く前にシェアしていきませんか

スポンサーリンク

「007 慰めの報酬」のスタッフ・キャスト

監督
マーク・フォースター

脚本
ジョシュア・ゼトゥマー
ポール・ハギス
ニール・パーヴィス
ロバート・ウェイド

原作
イアン・フレミング

出演者
ダニエル・クレイグ
オルガ・キュリレンコ
マチュー・アマルリック
ジャンカルロ・ジャンニーニ
ジェマ・アータートン
アナトール・トーブマン
イェスパー・クリステンセン
デヴィッド・ハーバー
ロリー・キニア
ティム・ピゴット=スミス
ホアキン・コシオ
ジェフリー・ライト
ジュディ・デンチ

「007 慰めの報酬」のあらすじ

ボンドカーのアストンマーチンのトランクの中には一人の男「ミスター・ホワイト」。英国諜報部員のジェームス・ボンドはミスター・ホワイトを捕らえ、ホワイトの部下とカーチェイスを繰り広げていた。

ボンドは前作『カジノロワイアル』で愛した女性のヴェスパーを操っていた「ミスター・ホワイト」を通じてその背後の組織を追っていたのだった。

ボンドはミスター・ホワイトをMに引き渡し尋問を始める。しかし、その場に居合わせた中の一人、長年Mの部下だったミッチェルが突然裏切り、M16のメンバーを銃撃して逃亡する。

ボンドは応戦し、追跡を開始するが、追跡の末、やむにやまれぬ危機ではあったもののミッチェルを殺害してしまう。更に尋問場所に戻るとミスター・ホワイトまで逃亡してしまっていた。

感想レビュー

ダニエル・クレイグ版のボンドの真の始まり

ダニエル・クレイグのボンド映画2作目ですが、この映画こそ、ダニエル・クレイグ版のボンドの真の始まりとも言える作品ではないでしょうか?

前作の『カジノ・ロワイアル』がほろ苦い終わり方をしたので余計にそう思いますね。

仕事に完璧に徹することのできない、人間味のあるジェームズ・ボンド。

その内に秘める感情を押し殺すボンドの在り方は例えるならストイックな武士のよう。

男の胸を打つボンドだ!

この姿勢と微かに醸し出す哀しみは男の目線から見てもグッと来ます。

恐らく男性からの人気はブロスナンのボンドよりダニエル・クレイグのボンドの方が高いだろうな。。

相手をとことんまで追い詰めても、最後の運命は天に委ねる。

復習に過度に固執しない、その姿勢は『レヴェナント』にも通じるものがありますね。

『レヴェナント』も当初は息子の仇であるフィッツジェラルドを殺そうとしていましたが、本当の復讐はそこにあるわけではない。

今作のジェームズ・ボンドもヴェスパーの仇を追ううちにその思いに行き着くようになります。

ジェームズ・ボンドのスーツ

007といえば、ボンドの身の回りのアイテムや車も見所のひとつ。

今作からボンドのスーツ・ブランドがトム・フォードに変わっています。

細身で丈の短いモダンでモードな雰囲気は出しながらも、ディテールはあくまでもクラシカルで、例えどんなに汚れたとしても、そのシルエットの美しさは特筆に値します。

ファッションが好きな人はそのあたりも注目してみてください。

「007 慰めの報酬」の商品購入はこちら