映画「エンゼル・ハート」の悪魔リング「アレックス・ストリーター」

他のページに行く前にシェアしていきませんか

「エンゼル・ハート」は1987年のアメリカのミステリー・スリラー映画。
ミッキー・ローク、ロバート・デ・ニーロ共演作です。

スポンサーリンク

映画「エンゼル・ハート」

1955年のアメリカを舞台に、ミッキー・ローク演じる私立探偵のハリー・エンゼルがロバート・デ・ニーロ演じる怪しげな男、ルイス・サイファーからジョニー・フェイバリットという男の生死を確認してほしいという依頼を受けるところから物語は始まります。

原作は「悪魔のバイブル」とも呼ばれ、廃刊運動まで起こったウィリアム・ヒョーツバーグの小説『堕ちる天使』。

映画でも2トンもの牛の血が天井から降るという演出があります。

さて、ロバート・デ・ニーロ演じるルイス・サイファー・・・まぁ正体悪魔(ルシファー)ですが、彼の怪しさをひときわ引き立たせていたのが右手薬指の指輪。

これこそが今回紹介したい、アレックス・ストリーターの「エンジェルハートリング」になります。

アレックス・ストリーター「エンジェルハートリング」

もともとペインターであったアレックス・ストリーターがニューヨークで始めたジュエリーブランドが「アレックス・ストリーター」でした。

代表作は「エンゼル・ハート」で一躍有名になった「エンジェルハートリング」。
映画は黄色い琥珀に五芒星でしたが、発売されているものはカラーバリエーションもメチャクチャ豊富です。キリスト教において悪魔の動物と考えられる山羊を台座の両側に配置するなど、「エンゼル・ハート」のルイス・サイファーのイメージぴったりな、まさに悪魔的デザイン。

その「悪魔の指輪」はマリリン・マンソンなどのアンチクライストなイメージを持つミュージシャンや、海を越えて日本のV系ミュージシャンなど、多くの人に愛用されています。

ミュージシャンにも愛用者が多い「エンジェルハートリング」

※着用画像は各々ネットで検索してください。本サイトは著作権を遵守しておりますので。。

マリリン・マンソン

HYDE

アレックス・ストリーター「エンジェルハートリング」購入はこちら

「エンゼル・ハート」購入はこちら