アンソニー・ホプキンスのプロフィール

スポンサーリンク

アンソニー・ホプキンスのプロフィール

生年月日 1937年12月31日
出生地 ウェールズ ポート・タルボット
国籍 イギリス・アメリカ合衆国
身長 174 cm
職業 俳優、作曲家、画家

アンソニー・ホプキンスは1937年生まれ、イギリス出身の俳優です。

彼の両親はパン屋を営んでいました。アンソニー・ホプキンスは最初はピアニスト志望でした。この経緯からホプキンスのピアノの腕前もかなりのものだそう。その役者に志望を転向。
働きながら奨学金を得て王立ウェールズ音楽演劇大学と王立演劇学校(RADA)で演技を学び、2年の兵役後に舞台活動を行うようになります。65年にナショナル・シアターの舞台を踏み、ローレンスオリヴィエの代役を演じたことで注目を集めます。映画デビューは68年の「冬のライオン」その後の74年にはアメリカへの進出を果たしています。以来、「遠すぎた橋」「エレファント・マン」など数々の映画に出演。
そして91年の「羊たちの沈黙」で知的で残忍な殺人鬼のハンニバル・レクター博士を演じアカデミー主演男優賞を獲得しています。そのほかにも90年代は「日の名残り」「ニクソン」「アミスタッド」でもアカデミー賞にノミネートされるなど、名優としての地位を確立させています。
93年には長年に渡る功績が認められナイトの称号を授与されています。
前述のレクター役はアンソニー・ホプキンスのはまり役でもあり、01年には「ハンニバル」で02年には「レッド・ドラゴン」でそれぞれ演じています。

ハンニバル・レクターのイメージに反し、アンソニー・ホプキンス本人はベジタリアン。
また、その演技手法は役柄の徹底的なリサーチに基づいたリアリティを追求する「デ・ニーロ・アプローチ」の対極を行くもので「演技というものは絵空事であって、その要素はすべてシナリオの中にある」が持論だそう。
(過去に「デ・ニーロ・アプローチ」を「馬鹿げている」と罵ったことでも有名)

そのため、セリフは200回読んで覚えることもあるなどの努力家でもあります。

出演映画

1968年 冬のライオン
1969年 鏡の国の戦争
1971年 八点鐘が鳴るとき
1974年 ジャガーノート
1976年 エンテベの勝利
1976年 オードリー・ローズ
1976年 遠すぎた橋
1978年 マジック
1980年 エレファント・マン
1980年 LOVEシーズン
1984年 バウンティ/愛と反乱の航海
1986年 チャーリング・クロス街84番地
1988年 青い夜明け
1989年 浮気なシナリオ
1990年 逃亡者
1991年 羊たちの沈黙
1991年 スポッツウッド・クラブ
1992年 ハワーズ・エンド
1992年 ドラキュラ
1992年 トライアル/審判
1992年 チャーリー
1993年 日の名残り
1993年 永遠の愛に生きて
1993年 愛の果てに
1994年 ケロッグ博士
1995年 ニクソン
1995年 レジェンド・オブ・フォール 果てしなき想い
1996年 8月の誘惑
1996年 サバイビング・ピカソ
1997年 アミスタッド
1997年 ザ・ワイルド
1998年 マスク・オブ・ゾロ
1998年 ジョー・ブラックをよろしく
1999年 ハーモニーベイの夜明け
1999年 タイタス
2000年 M:I-2
2001年 ハンニバル
2001年 アトランティスのこころ
2002年 レッド・ドラゴン
2002年 9デイズ
2003年 白いカラス
2004年 アレキサンダー
2005年 プルーフ・オブ・マイ・ライフ
2005年 世界最速のインディアン
2006年 オール・ザ・キングスメン
2006年 ボビー
2007年 ベオウルフ/呪われし勇者
2007年 最終目的地
2010年 ウルフマン
2010年 恋のロンドン狂騒曲
2011年 ザ・ライト -エクソシストの真実-
2011年 マイティ・ソー
2012年 ヒッチコック
2012年 360
2013年 REDリターンズ
2013年 マイティ・ソー/ダーク・ワールド
2014年 ノア 約束の舟
2015年 ハイネケン誘拐の代償
2015年 DEMON デーモン
2016年 アウトバーン
2016年 ブラック・ファイル 野心の代償
2017年 トランスフォーマー/最後の騎士王
2017年 マイティ・ソー バトルロイヤル