アル・パチーノのプロフィール

スポンサーリンク

アル・パチーノのプロフィール

生年月日 1940年4月25日
出生地 アメリカ合衆国 ニューヨーク州ブロンクス
身長 166cm
活動期間 1966年 –

アル・パチーノは1940年生まれ、ニューヨーク出身の俳優です。
シチリア移民の子として生まれ、幼少期は非常に貧しい生活を余儀なくされます。小さな頃から演技に目覚め、教師の勧めにより演技高校に入学する一方、様々なバイトを経験。17歳で学校は中退し、その後66年に名門校「アクターズ・スタジオ」に入学。リー・ストラスバーグに師事します。オーディションに行くためのバス代もないほど貧しかった時もあったそうですが舞台活動でいくつかの賞を得るなど頭角を現します。
映画デビューは68年「ナタリーの朝」初主演作は71年の「哀しみの街角」。ヘロイン中毒の青年を演じて注目されます。
そして72年、フランシス・フォード・コッポラ監督の「ゴッドファーザー」のマイケル役でアカデミー助演男優賞にノミネート。この作品は当時の興行収入を塗り替えるほどの大ヒットを記録し、アカデミー賞でも作品賞、脚色賞、主演男優賞(マーロン・ブランド)を受賞しています。アル・パチーノ自身もこの作品でスター俳優の仲間入りとなりました。以後は73年「セルピコ」で主演賞、74年「ゴッドファーザーPARTII」で主演賞、75年「狼たちの午後」で主演賞と、4年連続アカデミー賞にノミネートされています。
しかしブライアン・デ・パルマ監督の「スカーフェイス」が酷評の嵐で一時期ハリウッドから干されてしまいます。
活躍の場を数年間演劇界に移した後、『シー・オブ・ラブ』で映画に復帰。そして1992年『セント・オブ・ウーマン』でアカデミー賞主演男優賞を受賞。この作品では盲目の元軍人という役柄を演じています。
アル・パチーノは96年、「リチャードを探して」で監督デビューも果たしています。その後も2000年には『チャイニーズ・コーヒー』、2011年にはドキュメンタリー映画『ワイルド・サロメ』にて、ヴェネツィア国際映画祭の「監督・ばんざい!賞」とクィア獅子賞を受賞しています。
2012年には、全米芸術勲章(National Medal of Art)を授与されるなど、現在においてもハリウッドを代表する名優の一人として活躍しています。

出演映画

1969年 ナタリーの朝
1971年 哀しみの街かど
1972年 ゴッドファーザー
1973年 スケアクロウ
1973年 セルピコ
1974年 ゴッドファーザー PART II
1975年 狼たちの午後
1977年 ボビー・デアフィールド
1979年 ジャスティス
1980年 クルージング
1982年 喝采の陰で
1983年 スカーフェイス
1985年 レボリューション めぐり逢い
1985年 不名誉なローカル
1989年 シー・オブ・ラブ
1990年 ディック・トレイシー
1990年 ゴッドファーザー PART III
1991年 恋のためらい/フランキーとジョニー
1992年 摩天楼を夢みて
1992年 セント・オブ・ウーマン/夢の香り
1993年 カリートの道
1995年 天国の約束
1995年 ヒート
1996年 リチャードを探して
1996年 訣別の街
1997年 フェイク
1997年 ディアボロス/悪魔の扉
1999年 インサイダー
1999年 エニイ・ギブン・サンデー
2000年 Chinese Coffee ハリー・レヴィン
2002年 インソムニア
2002年 シモーヌ
2002年 ニューヨーク 最後の日々
2003年 リクルート
2003年 エンジェルス・イン・アメリカ
2003年 ジーリ
2004年 ヴェニスの商人
2005年 トゥー・フォー・ザ・マネー
2007年 88ミニッツ
2007年 オーシャンズ13
2008年 ボーダー
2010年 死を処方する男 ジャック・ケヴォーキアンの真実
2011年 陰謀の代償 N.Y.コンフィデンシャル
2011年 ジャックとジル
2012年 ミッドナイト・ガイズ
2015年 Dearダニー 君へのうた
2016年 ブラック・ファイル 野心の代償

アル・パチーノ関連の映画・商品購入はこちら