【トリビア】フォレスト・ガンプの羽根

フォレスト・ガンプ

うすのろフォレストといわれながらも、純真な心でアメリカの激動の時代を歩いていく、、、ロバート・ゼメキス監督、トム・ハンクス主演の映画、『フォレスト・ガンプ』。

今回はそんな『フォレスト・ガンプ』の裏話、トリビアをご紹介

フォレスト・ガンプの羽根

映画の冒頭で、フォレストが開いた本の中からひとひらの羽根が舞い上がります。
とてもファンタジー色あふれる演出で、これからの物語を予感させるオープニングなのですが、じつはこの羽根のシーンは非常に多くの予算がかかっていることでも有名です。

北野武監督いわく、『あのシーンだけで自分の映画が一本撮れる』と言うほど。

北野武監督作品は決して日本映画の中でも高いほうではないのですか、それでも、一つのシーンにそれだけの費用を注ぎ込むロバート・ゼメキス監督、恐るべしです。。




この記事を見た人におススメ!