【ネタバレレビュー】彼が二度愛したS

他のページに行く前にシェアしていきませんか

「彼が二度愛したS」は2008年のサスペンス映画です。原題は「deception」で欺瞞の意味。
邦題がセンスある映画ですよね。

『X-MEN』のヒュー・ジャックマン、『スター・ウォーズ』新三部作のユアン・マクレガー、『グレイテスト・ショーマン』のミシェル・ウィリアムズと出演者も豪華。

肝心の出来は・・・もう少し工夫できたんじゃないかな?

スポンサーリンク

「彼が二度愛したS」のスタッフ・キャスト

監督
マーセル・ランゲネッガー

脚本
マーク・ボンバック

音楽
ラミン・ジャヴァディ

出演
ヒュー・ジャックマン
ユアン・マクレガー
ミシェル・ウィリアムズ
リサ・ゲイ・ハミルトン
マギー・Q
シャーロット・ランプリング
ナターシャ・ヘンストリッジ
ブルース・アルトマン
アンドリュー・ギンズバーグ
パス・デ・ラ・ウエルタ
レイチェル・テイラー

「彼が二度愛したS」のあらすじ

会計士のジョナサンは弁護士のワイアットと知り合う。

平凡な毎日を送っていたジョナサンはワイアットに連れ出され、テニスやクラブなど、楽しい時間を過ごすことができた。

ある日、公園でワイアットとランチをした際に、ジョナサンは互いの携帯電話を取り違えてしまう。

その夜、携帯に女性から誘いの電話がかかってくる。ワイアットではないことを説明するジョナサンだが、誘いを断りきれず女性と一夜の関係を過ごす。

ワイアットに事の顛末をに話すと『』と言われる。

ジョナサンが参加したのは男女が一夜限りの関係を過ごす会であった。

会のルールは『名前を言ってはならない、職業を言ってはならない、会話してはならない』。

その後も会の女性と情事を重ねていくジョナサン。

そんな時「S」という会の女性と巡り会う。

ジョナサンは「会話してはならない」という会の規則を破り、Sに夢中になってゆくー。

感想・レビュー

出演者が豪華なサスペンス。『X-MEN』のヒュー・ジャックマン、『スター・ウォーズ』新三部作のユアン・マクレガー、『グレイテスト・ショーマン』のミシェル・ウィリアムズ。

内容はラブ・サスペンス。惚れた女が悪女だった!みたいな、昔木曜洋画劇場のエロチックな映画でよくあったようなストーリーでした。

ただ、エロチックよりもサスペンスにだいぶ比重を置いた作品になっています。

ストーリーの意外性はあまりないですが、その分、伏線もキレイに回収していき、それなりにまとまっている印象。

後半、追い詰められていくユアン・マクレガーの不安な心理を寒色系のトーンとマクレガーの周囲に極力人を配置しないことで彼の孤独感をうまく表現しています。

『グレイテスト・ショーマン』でも共演しているヒュー・ジャックマンとミシェル・ウィリアムズ。『グレイテスト・ショーマン』では家庭をもった夫婦役でした。

それに比べると今作のミシェル・ウィリアムズはまだ若くて痩せてる頃ですね。

(最近、ミシェル・ウィリアムズ好きなんですよね。複雑な役柄もうまく演じてるように思います。)

ただ、残念なのがこの映画を現実に置き換えて考えたときにちょっと綻びが目立つなっていう。。
※以下ネタバレです。

例えばヒュー・ジャックマン演じるワイアットを殺害する本編のクライマックスシーン。

ワイアットを銃で撃ったあとにジョナサンが身分証明をワイアットのポケットに入れ直したり、なんだか一週間経たずに警察に逮捕されてしまいそうな痕跡をたくさん遺していくんですよね。

そもそも殺害された場所自体が誰もいない場所、とは言っても、『人通りのとりあえず見当たらない場所』ってなだけでサイレンサーもついてない銃声はあたり一面に轟いたと思いますよ。。

「彼が二度愛したS」の商品購入はこちら