ダニエル・デイ=ルイスのプロフィール

他のページに行く前にシェアしていきませんか

スポンサーリンク

プロフィール

生年月日 1957年4月29日

出生地 イングランド ロンドン

ダニエル・デイ=ルイスは1957年4月29日生まれのイギリス出身の俳優です。
1971年に『日曜日は別れの時』で映画デビュー、そのキャリアにあって映画出演作は決して多くはないですが、90年代以降はほとんどの出演作でアカデミー賞やゴールデングローブ賞にノミネートまたは受賞されるなど、名優中の名優だといえます。

アカデミー賞主演男優賞を3回受賞した唯一の俳優
なんといってもアカデミー主演男優賞を3回受賞している唯一の俳優これに尽きるでしょう。
今まで

マイ・レフトフット(1989年)
ゼア・ウィル・ビー・ブラッド(2007年)
リンカーン(2012年)

の三作でアカデミー主演男優賞を受賞しています。その演技力は同業のハリウッドスターたちからも尊敬を集めています。
彼の実力を示すエピソードとして、2007年の作品『フィクサー』での演技でジョージ・クルーニーも第80回アカデミー賞の主演男優賞にノミネートされてました。しかし、同じく主演男優賞にもダニエル・デイ=ルイスもノミネートされていたことから「自分が主演男優賞を受賞? ダニエルがいるから無理だよ」と答えたという逸話があります。

しかしながら代理人を通して「ファントム・スレッド」を最後に俳優を引退することを表明しています。

「ダニエル・デイ=ルイスは今後、俳優としての活動はしません。これまで共に仕事をしてきた人々ならびに観客の皆さんに、心から感謝しております。これはあくまで個人としての決断であり、本人も代理人も、本件に関してこれ以上コメントすることはありません」

名優が消えてしまうのは寂しいものですね。。

天才?奇人?ダニエル・デイ=ルイスの役作りエピソード

出演映画

1971年 日曜日は別れの時
1982年 ガンジー
1984年 バウンティ/愛と反乱の航海
1985年 マイ・ビューティフル・ランドレット
1985年 眺めのいい部屋
1986年 風の中の恋人たち
1988年 存在の耐えられない軽さ
1988年 イングリッシュマンinニューヨーク
1989年 エバースマイル、ニュージャージー
1989年 マイ・レフトフット
1992年 ラスト・オブ・モヒカン
1993年 エイジ・オブ・イノセンス/汚れなき情事
1993年 父の祈りを
1996年 クルーシブル
1997年 ボクサー
2002年 ギャング・オブ・ニューヨーク
2007年 ゼア・ウィル・ビー・ブラッド
2009年 NINE
2012年 リンカーン
2017年 ファントム・スレッド