【あらすじネタバレ】「未来のミライ」

他のページに行く前にシェアしていきませんか


「未来のミライ」のあらすじを結末までネタバレで紹介しているので、
まだ見てない人は閲覧注意です!

スポンサーリンク

「未来のミライ」の予告編

「未来のミライ」のネタバレあらすじ

くんちゃん

くんちゃんは新幹線が大好きな4才の男の子。

おばあちゃん(ばあば)と犬のゆっこと一緒に家でお母さんを待っていた。

今日はお母さんが新しく生まれた赤ちゃんの妹と一緒に病院から帰ってくる日だった。

初めて見る赤ちゃんに興味しんしんのくんちゃんだったが、その日からお父さんとお母さんは赤ちゃんにつきっきり。

くんちゃんの生まれたときはお母さんがくんちゃんの面倒を見て、お父さんは仕事だったが、妹が生まれるタイミングで、お父さんはフリーランスの建築家となり、家にいることが多くなったので家事もお父さんが担当することが多くなり、その分お母さんが早めに職場復帰する予定になっていた。

しかし、妹が生まれてからほとんど構ってもらえなくなったくんちゃんは寝ている妹にイタズラして起こしてしまう。

そんなくんちゃんをお母さんが見つけて叱りつける。

『未来ちゃん、好きくない』

たまらず泣きながら庭に飛び出したくんちゃんは不思議な男の人に出会う。

ゆっこ

男はロン毛で無精髭のどこかワイルドな見た目。

彼はくうちゃんに『その感情は嫉妬でたる』と言い、くうちゃんが生まれるまでは自分は可愛がられてたいたのに、くうちゃんが生まれてからは食べるものもグレードダウンしたこと、そしてくうちゃんもいずれ自分みたいになることを話す。

男の話を聞きながら、くうちゃんは手に持っていたおもちゃを投げる。それは犬のゆっこがいつも追いかけ回しているボールなのだった。

つい条件反射でボールを追いかける男の様子を見てくうちゃんは彼が犬のゆっこが人間になった姿だと見抜く。

男の後ろに回り込むと、やはり彼には犬の尻尾が生えていた。尻尾をじぶんに付けてゆっことして家の中を走り回るくうちゃんだった。

そして、お父さんとお母さんから妹の名前が『未来』ちゃんに決定したことを告げられる。

ある日、お母さんはお仕事、くうちゃんと未来ちゃんの面倒はお父さんがみることに。

『ひな人形をしまっておいて 』

お母さんにそう言われていたお父さんだったが、仕事に夢中でくうちゃんの言葉も上の空。

ふてくされたくうちゃんは未来ちゃんの顔におかしを並べ始める。

庭に出かけたくうちゃんはお菓子が道に落ちているのを見つける。その先をたどっていくと、ある中学生くらいの女の子に出会う。

『お兄ちゃん!』

女の子からの呼び掛けにびっくりするくうちゃん。

その女の子は赤ちゃんの未来ちゃんの成長した未来の姿だった。

未来ちゃん

未来の未来ちゃんは、お父さんがひな人形をしまい忘れて、婚期が延びてしまうことを心配していたのだった。

未来ちゃんに言われてお父さんにひな人形をしまうように伝えにいくくうちゃんだったが、またもやお父さんは上の空。

見かねた未来の未来ちゃんが、ゆっことくうちゃんと一緒にお父さんにばれないようになんとかひな人形をしまうべく奮闘、なんとか成功する。

『共同作業をすると仲がよくなるって言うよね』という未来の未来ちゃん。

意地っ張りなくんちゃんはつい『未来のこと好きくない』と言ってしまうのだった。

その日、お母さんからアルバムで若い頃のおかあさんの様子を聞かせてもらう。

くんちゃんを妊娠したころ、大学のころ、小学生のころ。それはくんちゃんの知らなかったお母さんの姿だった。

翌日、未来ちゃんのひな人形の代わりに自分には自転車がほしいと駄々をこねるくんちゃん。

お母さんを困らせるくんちゃんの前に、またも未来の未来ちゃんが現れます。

「お母さんのことをもっと大事にしてあげて」

そういう未来ちゃんだったが、くんちゃんは自分がかまってもらえないさみしさからついに泣き出してしまう。

くうちゃんが辿り着いたのはどこかの古びれた町。

辺りを見回すと、電信柱の影で泣いている女の子が。

大丈夫?と声を欠けるとくんちゃん。

振り向いた女の子はなんと小さい頃のお母さんだった。

お母さん

小さな頃のお母さんはくうちゃん同様に片付けができない子だった。ふたりは家中を散らかして遊ぶが、お母さんは帰宅したばあばに散らかしたのがバレてこっぴどく怒られてしまう。

現実世界に帰ってきたくうちゃんは隣で寝ていたおかあさんの頭を優しく撫でるのだった。

自転車を買ってもらったくんちゃんはお父さんと未來ちゃんと公園に繰り出す。

小学生低学年くらいの男の子が補助輪なしで乗っているのを見かけて、自分も補助輪なしで乗りたいと言い出すくうちゃん。

おとうさんの手助けのもと、乗れるように挑戦するが、何度も転び、自転車が嫌になってしまう。

おうちに帰ってもくんちゃんの機嫌は治らなかったが、自転車のヘルメットがまたくんちゃんを不思議な世界に誘っていく。

くんちゃんの挑戦

次にくんちゃんがで出会ったのは短髪にタンクトップ姿の男。

お父さんとは違う、どこか近寄りがたい、その男らしい雰囲気にくんちゃんは緊張気味。

その様子を察した男はくんちゃんに馬小屋を案内する。生まれて初めてみる生の馬にドキドキするくんちゃん。

馬に乗るのを怖がるくんちゃんに男は『なんにでも最初はあるさ』と励まし、乗馬に挑戦させる。

『怖がるな、怖がると馬も怖がる』

そう言って走り出した馬に乗って二人はトンネルを越える。すると馬はバイクに変わっていた。

『下を見ちゃいけない。遠くをみるんだ。』

男は戦争の後遺症で足を悪くしていた。バイクにのりながら、自分が勤めていた工場や、乗っていた船などの話をしてくれる。

『乗り物のコツはみんな同じ。ひとつのものにのれたら、船だって飛行機だって乗れるようになる』

そんな男を見上げながら『お父さんかっこいい。。』と呟くくうちゃんだった。

翌日、昨日とはうって変わって再度自転車に乗ろうとするくうちゃん。

やはり最初は転んでしまうものの、応援するお父さん、そして『遠くをみるんだ。』という男の言葉を思いだし、くうちゃんはとうとう自転車に乗れるようになる。

ひいじいじ

家に帰るとお母さんもお父さんも大喜び。

『おとうさんの応援のお陰だね』とお母さんがお父さんを褒めるそばで、くうちゃんはアルバムの中に1枚の写真を見つける。

『それ?それは亡くなったひいじいじ』

そう答えるお母さん。

『おとうさん?』

『ううん、ひいじいじ。戦争に行って足が不自由だったの』

くうちゃんは、自分に勇気をくれたあの男の人が亡くなった自分のひいおじいさんだったことを知る。

ある日、家族でお母さんの実家に遊びに行く日のこと、くんちゃんはお気にいりの黄色のズボンじゃないと行かないと言い出し、お母さんを困らせてしまう。
黄色のズボンはあいにく洗濯中。とうとうくんちゃんはお母さんと喧嘩し、家出することに。

迷子

くんちゃんがたどり着いたのはどこかの小さな駅。

高校生くらいの男の子から「夏の家族の思い出か、黄色いズボン、どっちが大切か考えて見ろ」と言われるも、頑固なくんちゃんは「黄色のズボン!」と答えてしまう。
ホームには電車が到着する。
『まて、電車に乗るな!』男の子の忠告に関わらず、くんちゃんはその電車にのってしまう。

車窓からの景色。並走するいくつもの電車の名前を数えるくうちゃんだったが、ひとつの見慣れない新幹線を目にする。

電車は東京に到着。

ふと我に帰り、家に帰ろうとするも帰り方がわからない。

落し物がかりの列にならび、落とし物を『自分自身』として家族を待とうとしたくんちゃん。しかし係の人に『自分自身の証明』として両親の名前を問われるもくんちゃんは答えられない。

答えられなかった子供はくんちゃんがさっきみた新幹線で『一人きりの国』に連れていかれるという。

未来ちゃんのお兄ちゃん

とうとう時間切れ。新幹線から離れようとするくんちゃんだったが、体が勝手に新幹線に引き寄せられる。