【ジョーカー】アンチヒーロー・悪役たちの名言・名セリフまとめ

他のページに行く前にシェアしていきませんか

スポンサーリンク

ジョーカー(ダークナイト)の名言・名セリフ

「狂気とは知ってのとおり-重力と同じだ。軽く押せば すぐ落ちる」

ハンニバル・レクター(羊たちの沈黙)の名言・名セリフ

「昔、国勢調査員が来た時、そいつの肝臓をソラマメと一緒に食ってやった。ワインのつまみだ」

アメリカ映画の名セリフベスト100』で21位にも選ばれたこのセリフ。

「人食いハンニバル」と呼ばれるレクター博士の異常性を強く印象付けるセリフです。

キャラクターとしての人気も強く、アメリカン・フィルム・インスティチュート(AFI)が企画した「AFIアメリカ映画100年シリーズ」では、『アメリカ映画の悪役ベスト50』で第1位に選出されています。

「食うときは無礼な奴を食う 野放しの無礼な奴を」

ハンニバル・レクター博士はその犯罪の残虐性にも関わらず、多くのファンを持つという設定です。

その大きな理由はレクター博士の知性と独自の倫理でしょう。

それがよくわかるのが上記のセリフ。

例えば看守のバーニーは立場はあれど一貫して博士に敬意をもって接していました。

逆にチルトンは終始レクター博士に無礼な態度で接していたため、脱獄した博士に「夕食のパートナー」に選ばれてしまいます。

「クラリス、羊たちの悲鳴は止んだかい?」

「本質的なものは何か、本性は何かを問うのだ」

ダース・ベイダー(スター・ウォーズ)の名言・名セリフ

「仲間になれ。そして共に父と子として、この銀河を支配するのだ。」

暗黒面に落ちてダースベーダーとなったアナキン。

ダースベーダーとしての野心、そして父親として息子をどう思うかが示されたセリフです。

「最後に一度だけ・・・自分の目でお前を見ておきたい」

悪役でありながら圧倒的な人気を誇るダース・ベイダー。その理由の一つは悪役でありながらも父親の一面を時折のぞかせるからでしょうか。

そんな父親としてのダース・ベイダー(アナキン・スカイウォーカー)の印象的なセリフがこちら。

アニー(ミザリー)の名言・名セリフ

「今はあなたのすべてを愛しているの 」

ジャック・トランス(シャイニング)の名言・名セリフ

「仕事ばかりで遊ばない。ジャックは今に気が狂う。」

ジャックの様子に不安を覚えたウェンディがジャックのタイプライターを覗くと、そこには何回もこの文章を書いた紙が数百枚ありました。

ウェンディの不安は確信に変わり、狂気に操られたジャックが襲い掛かってくるのです。

ジャックの狂気に駆られる様が良く表れています。

「お客様だよ!」

斧でウェンディの部屋のドアを壊し、顔を出して「お客様だよ!(Here’s Johnny!)」というシーンはあまりに有名です。ポスターも当初は違いものが想定されていましたが、結局はこのシーンが採用されていますね。
さてこのシーンは僅か2秒ほどのシーンでありながら、完璧主義のスタンリー・キューブリックのこと、190テイク以上が重ねられました。

「お客様だよ!(Here’s Johnny!)」

このセリフはジャックニコルソンのアドリブだったそう。

もともとはアメリカのTV番組『The Tonight Show』のオープニングで司会者のジョニー・カーソンを呼ぶ決まり文句からの拝借だそうです。

トニー・モンタナ(スカーフェイス)の名言・名セリフ

「これがご挨拶だ!」

悪役と言うかアンチヒーローですね。アル・パチーノ演じるギャングのトニー・モンタナ。

ターミネーター (ターミネーター )の名言・名セリフ

I’ll be back

他にも映画の名言まとめています!

■映画ごとの名言集はこちら

【夏の定番アニメ】細田守監督「時をかける少女」の名言・名セリフ
細田守監督作「未来のミライ」の名言・名セリフまとめ
【生命は道を見つける】ジュラシック・ワールドシリーズの名言・名セリフ
名言の宝庫!「アバウト・タイム ~愛しい時間について~」からの名セリフ特集
【P・Tバーナム】『グレイテスト・ショーマン』心に残る名言・名セリフ集
実話を元にした戦争映画「ブラックホーク・ダウン」の名言・名セリフ!
永遠の名作邦画「男はつらいよ」寅さんの名言まとめ

■ジャンル別名言集はこちら

狂気と哀しさが滲む・・・戦争映画の名セリフまとめ
まさに迷言!?忘れられない映画のセリフ
夢を諦められない人たちへ映画の名言まとめ
恋愛に効く!映画の名言まとめ
明日から活かしたい!映画の名言まとめ

■映画の名言100はこちら

映画の名言100選!心に響くあの映画の名セリフ100連発!