【雑談】観らず嫌い王(苦手な映画ジャンルについて)

さまざまな映画のレビューを書いていますが、果たして僕に苦手な映画ジャンルはあるの?と思われる方もいるかもいるかもしれません。

いねーか、はは。自意識過剰?それ褒め言葉ね

そこで今回は個人的なことなんですが、苦手な映画ジャンルについて話してみたいと思います。

スポンサーリンク

苦手な映画ジャンル

いや、もちろんあります。アメコミ原作系がダメなんですよねー。ダメってほどではないんですが、オリジナルの『ファンタスティック・フォー』とか苦手でしたね。

すごく子供っぽくて予定調和で、キャラにしてもシルバーサーファーって。。

サーファーである意味がわかんないし(笑)。

アメコミでも好きな映画


もちろん、見終わってから『これってアメコミ原作だったの?』と気づく作品もあって。。

例えば

『V・フォー・ヴェンデッダ』

『メン・イン・ブラック』

『シン・シティ』

とかは好きです。

特にシン・シティは監督がロバート・ロドリゲスなのもあって大好きです。

モノクロのスタイリッシュな映像と個性的なキャラクター。そして独立しているけれども世界観を共有する短編で構成されるストーリー。

結局アメコミであっても、浮わついてないものだったり、完全に割りきっている(メン・イン・ブラックはコメディタッチを貫いてますよね!)とかは大丈夫みたいです。

トランスフォーマーとかを観る気にならないのは『なんで宇宙から来たのに車やねん!』とかついつい突っ込みたくなるからでしょう。。

※なぜアメコミ系(MARVEL系)が苦手なのか詳しくは「MARVEL映画、実は苦手という人へ」も読んでください・・・。

ビックリさせる映画

あと、ホラー映画も苦手です。怖いのは好きだけど、びっくりするのは嫌いなんです。。

グロテスクだったり、狂気を感じるものは好きというか、耐えられるんだけどね。
悪魔のいけにえ」とか好きだけど、やたらびっくりさせるのは本当のホラー映画とは言えないような、そんな風に思っています。

※詳しくは「それってホラー?びっくりさせる描写に断固反対します!」を読んでください!