【雑談】映画館の魅力

映画館の魅力を自分自身の映画遍歴も含めて書き綴ろうかと思います。
高校くらいから年に三回くらいは友人と映画を見に行くようになりました。

当時はイベント的な意味合いが強く、映画そのものにそこまで強い思い入れはなかったですね。

マトリックス・リローデッド

バイオハザード

リディック

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン

宇宙戦争

アイ,ロボット

地元に映画館がなかったんですが、中学から高校にかけてこれくらいは劇場に行った気がします。(忘れてるやつもあるからこれ以上あるかもしれない)

特に思い出深いのは『バイオハザード』。あんなに怖い作品だと思ってなくて。。

ホントにいきなり大きな音がしてびっくりさせるような映画は苦手です。。

バイオハザードの公開当時のCMで女の子が泣きながら『怖い映画だった』と言ってたのを思い出しますが、おそらくあの子もアクション映画と思って観に行ったんだろうなと思います。

最近もまた映画館へ足を運ぶことが増えました。

映画館の魅力は僕は予告編と、音響、そして何よりあの雰囲気ですね。
かすかに流れるノイズや、立体的な音響、スクリーンに投影される映像の微妙な粗さ。。

2時間限定の非日常の空間といった感じです。

正直、コストや画質なら家でブルーレイ見てた方が安上がりなんですよね。
でもそれだけでは日常を忘れることができないんです。

日常から切り離された、映画だけの時間。

その時間を存分に楽しめるところが映画館の大きな魅力かも知れません。