【映画レビュ―】帰ってきたヒトラー

帰ってきたヒトラー コレクターズ・エディション [DVD]

ヒトラーが現代のドイツによみがえったら?というifのコメディ。

感想・レビュー

作りは半分ドキュメンタリーだけど、劇中突然現れたヒトラーに共感する人があれだけ多いのは驚きましたね。
※実際は襲われることも考えてボディガードも配置していたみたいですが、実際はそのようなことはほとんどなかったそうです。

ヒトラーは独裁者の象徴みたいなイメージですが、選出の過程は民主主義に則ったものです。
もちろん、権力を握った後は独裁体制に一気に突き進みましたが。。。

トランプも排外的な言動は多くのセレブ・メディアに忌み嫌われましたが、ふたを開けてみれば選挙で勝っているし、
人種や国家を超えたつながりは幻想だろうか?と映画を見ながら思いました。
EUも結局バラバラになってしまうだろうしなぁ。。。

しかしそれとは反対に国家の本質とは「交わらないものを区別」することではないのか?
などの疑問が浮かびます。

さて、肝心の映画ですが原作と比べるとドキュメンタリータッチが強く、誰一人ヒトラーを本物とは思わなかった原作より、監督の思いや作家性が強く出ているように思いました。

ネタバレになりますが、ザヴァツキがヒトラーがモノマネ芸人ではなく本物の「アドルフ・ヒトラー」だと確信するあたりは原作ファンの痒い所に手を伸ばしてくれたというところでしょうか。
(もちろんそのあとの展開は皮肉に満ちていますが。。)

日本でも排外主義の動きはヘイトスピーチなどに現われていますが、人種のみでその人を判断してしまうのはある意味危ういことだなと感じます。

ちなみに最近外出すると大体道を聞かれますが、中韓の人たちの方が話してて気持ちいい対応なのです。
日本人の中にはイラっとする無礼な人もいます。。。

スポンサーリンク

無料で映画を観よう!

いいねやツイートお願いします!