【映画レビュー】ダイハード4

ダイ・ハード4.0 [Blu-ray]

世界一ついていない男、ジョン・マクレーンが主人公の人気シリーズの4作目。
4作目にしてシリーズ最高の興行収入を上げた今作。
退屈さ0!ラストまで一気に楽しませてくれる一本です。

「ダイハード4」のスタッフ・キャスト

監督
レン・ワイズマン

脚本
マーク・ボンバック

原案
マーク・ボンバック
デヴィッド・マルコーニ

製作
マイケル・フォトレル

製作総指揮
アーノルド・リフキン
ウィリアム・ウィッシャー

出演者
ブルース・ウィリス
ジャスティン・ロング
メアリー・エリザベス・ウィンステッド
ティモシー・オリファント
マギー・Q

「ダイハード4」のあらすじ

アメリカ独立記念日の前日に、アメリカ国中のインフラ監視システムがハッキングされる。FBIは容疑の疑いのある全米各地のハッカーの保護を命じる。
その命令に基づいて、ハッカーのマシューの保護へ向かうマクレーンだがマシューを連行する途中で何者かに襲われる。
また、ほかのハッカーも24時間以内に殺されていた。
翌日、犯人が元国防総省のセキュリティ対策の専門家で、全米のライフラインから防衛システムまでを手中に取ったサイバーテロを画策していることが判明。

今回も事件に巻き込まれる形となったアナログ人間のマクレーンだが、機転と体力、マシューの助けを借りながらテログループに立ち向かっていく。

感想・レビュー

ダイハードシリーズは今作で4本めになるのですが、正直4が一番面白いと思います。

デジタルな犯罪にアナログの親父が挑みかかる、というのはなんだかありきたりなのですが、相棒となるジャスティン・ロングのキャラクターがマクレーンを上手く引き立てています。

今作でのジャスティン・ロングのキャラクターはメカに強い(いわゆるギーク)ですが、どこか弱気な今時の若者といった感じ。

マクレーンとは対照的なんです。それもあって無鉄砲なマクレーンのアクションは見栄えがしますし、逆にデジタルの部分(合成を見破る、サーバーの場所から犯人を追いかける など)をジャスティン・ロングが上手く補完している印象です。

マクレーンは今作では妻とも離婚し、娘には煙たがられ・・・という典型的なうらぶれた親父。
悪に立ち向かう心情も「他の奴がやるなら喜んで譲ってやる」と長年の悲哀を感じさせます。

そんなところもマクレーンがあくまで超人的な活躍はするのですが、超人ではない、普通の人間らしさを感じさせるシーンです。

今回のマクレーンの目的は娘を救出すること。

ぼやきながらも戦わねばならない、そんなところが多くの人の共感を呼ぶのではないでしょうか。

スポンサーリンク

無料で映画を観よう!

いいねやツイートお願いします!