【ネタバレ映画レビュー】処刑人

処刑人。1999年製作のアメリカ映画です。

ウォーキング・デッドにも出ているノーマン・リーダスと、ショーン・パトリック・フライナリー主演。ウィレム・デフォーも出演しています。

テンポもよく、めちゃくちゃカッコいい映画です。

「処刑人」のスタッフ・キャスト

監督
トロイ・ダフィー
脚本
トロイ・ダフィー
出演者
ウィレム・デフォー
ショーン・パトリック・フラナリー
ノーマン・リーダス

「処刑人」のあらすじ

精肉店で働く兄弟は、ふとしたことから町のマフィアと争いになり、殺してしまいます。

警察の捜査で正当防衛と判断され釈放されるふたりですが、勾留された夜に神からの啓示を受けます。

それは

『法でさばけない悪人は殺しても構わない』ということ。

手始めにマフィアの会合を強襲したふたりですか、現場を悪友のロッコに目撃されてしまいます。しかたなくロッコを仲間にし、三人で活動することにしますが、ロッコはやや自制心に欠け、不必要な殺人まで犯すなどの不手際が目立ちます。

当然警察も捜査はしていますが、捜査官のウィレム・デフォーは犯人が悪人しか殺していないことを突き止め、司法の番人である自らの立場と、内心感じている犯人への共感の狭間で苦悩することになります。

そして次々と仲間を殺されているマフィアも黙ってはいませんでした。二人への対抗策として名うての殺し屋イル・ドゥーチェに彼らの殺害を依頼します。

そんなマフィアの動きを知らぬまま、いつものようにマフィアの家に侵入する二人。
仕事を終わらせ帰ろうかとするときに、イル・ドゥーチェの猛攻に会います。

なんとか逃げだす三人。傷を応急処置で無理やり手当てし、マフィアのボスの元へ向かいます。
しかしそこでついにボスにとらわれることになるのです。

イスにくくりつけられ、拷問の末にロッコはボスの手によって殺害されます。

祈りを唱える兄弟の背後にはイル・ドゥーチェの姿が、、、、

感想・レビュー

主人公の兄弟二人が、アンチヒーローというか、ダークヒーローというか、必要悪として正義を貫く姿。ジーンズにブラックのコートを羽織った姿も様になっています。ホントカッコいい。。。

ウィレム・デフォーもノリノリでゲイで女装壁の、敏腕捜査官を演じています。登場人物の中で一番まともな人物かと思われましたが一番狂気のキャラクターでした。

面白いのはエンディングがドキュメンタリー風のインタビューになっているところ。

兄弟の行動の是非は観ている我々の判断に丁寧に委ねられることになるのです。

スポンサーリンク

無料で映画を観よう!

いいねやツイートお願いします!