【カルト映画】イタリアのカルト映画まとめ

イタリアと言えばどんなイメージを持ってますか?例えばパスタに代表されるようにイタリア料理も有名ですよね。

また、イタリアはファッションの国。最高級レザー、そして革の使い方ももっとも洗練された国のひとつでしょう。

しかし、こと映画、それもカルト映画と呼ばれるような作品になると、異常なほどホラー映画の割合が高いんです。

陽気なイタリアイメージとは裏腹にグロテスクな描写も多く、世界に影響を与え続けている映画もあります。

今回はそんなイタリアのカルト映画をご紹介します!

サンゲリア


ルチオ・フルチ監督のホラー映画。ゾンビの腐乱ぶりなどグロテスクな描写で有名なカルト映画です。ウジ虫がわいたり、火炎瓶で火だるまになるゾンビ、サメと戦うゾンビなど、バリエーションも豊富。
ニューヨークでゲリラ撮影された本作。ゾンビが歩くブルックリン橋の歩道の下の車道で普通車が走行していたりしています。

サスペリア

ビヨンド

地獄の門

食人族


アマゾン川上流未開の地「グリーン・インフェルノ」に向かった探検隊たちが行方不明に。
捜索へ向かったジョン・モンロー教授がグリーン・インフェルノの村で見つけたフィルムが流出した・・・という体のフェイクドキュメンタリー・ホラー。
前述のようにフェイクではあるものの、劇中の動物虐待はすべて本物であり、そのせいも相まって上映禁止となっている国もあるようです。
なぜか日本で10億円以上を売り上げる大ヒットとなりました。

■定番カルト映画一覧はこちら
【カルト映画】定番のカルト映画一覧!

■年代別定番カルト映画まとめはこちら
定番のカルト映画まとめ(70年代編)
定番のカルト映画まとめ(80年代編)
定番のカルト映画まとめ(90年代編)
定番のカルト映画まとめ(2000年代編)

■個人的にカルト化してほしい作品は以下の記事で紹介しています
私的カルト映画5選!