【裏話】エイリアン チェストバスターのヒミツ

1979年公開、リドリー・スコット監督作エイリアン。

その後多くの続編やスピンオフが作られる、人気SFホラー映画になりました。

今日はそんなエイリアンの制作裏話をご紹介。

さて、エイリアンといえば寄生した人間の胸を突き破って出てくるところが有名ですね。

そして、その前段階で人に卵を植え付けるのがチェストバスターとよばれるやつです。

卵から行きなり飛び出して顔に覆い被さる、カニに尻尾が着いたようやつ。。。

といえばわかるでしょうか?

さて、エイリアンではその卵が半透明で、中でうごめくチェストバスターが透けて見えるようになっています。

じつは中でうごめいているように見えるこのチェストバスターは、ゴム手袋をしたリドリー・スコット監督自身の手なのだそう。

初監督作品でけして予算も高くはない中、こういうところに苦労と工夫が感じられますね!

スポンサーリンク

無料で映画を観よう!

いいねやツイートお願いします!