【雑談】映画とWikipediaと部屋とワイシャツと私

こんばんわ。

ホラー映画が苦手なのになぜか惹かれてしまうダイスケです。

とはいってもホラー映画なら何でも好きかと言われるとそうでもなく、悪役のキャラがしっかり立っているものが好きみたいです。

まぁアンチヒーローに惹かれるみたいなことでしょう、と自己分析。

逆にネチネチ痛いシーンやいきなりびっくりさせるような映画は苦手です。。ホステルなんて絶対見れないと思う。イーライ・ロス監督ごめんなさい。

(いきなりびっくり!ってあれは驚かせているだけで純粋な恐怖とはまた違うのでは?とせめてもの意地で言いたい私。。)

さて、そんなホラー映画好きだけど苦手って人、僕以外にもいるんじゃないかなと思います。

Wikipediaの使い方

そんな時に頼るのがWikipedia。

いやー長い前置きだったー(笑)。

文字だけだとそこまで怖くもないですよね(笑)。

それで読んでみて大丈夫そうだったら実際に映画を見てみる、という手に出ております(笑)。

また、シリーズものの場合、その世界観の連なりや、シリーズを通しての登場人物の網羅的な情報を仕入れられるから便利!

実はこのブログを書く上でも凄く重宝しています!

基本的に書くためにわざわざ映画を見返すことはない、と以前書きましたが、それはウィキペディアがあってこそ。

記事のパクリはもちろんしませんが、登場人物やスタッフの名前、ストーリーの前後関係を確認するときによく使っています。

たまにその作品の小ネタ情報なんかも仕入れられたりしてとっても便利。(大事なことなので2回言います。)

ただ、ふいに見たウィキで物語のネタバレ全開な時がたま~にあって。

「エイリアン:コヴェナント」なんて日本公開前に結末まで詳しくのってたからね。。。

あれだけは「ネタバレあり!」くらいの注意文を記事の冒頭に掲載していてほしいです。。。。

スポンサーリンク

無料で映画を観よう!

いいねやツイートお願いします!