ヤバすぎ?やりすぎ?上映禁止になった映画まとめ

せっかく完成しても諸処の事情から上映禁止になった映画と、対象国をご紹介。

最初は興味半分でしたが、調べてみると、上映禁止作品の多い国と少ない国では個人の『自由度』とも相関しているな、比例しているかもなというのが正直な感想です。
さて、そんな上映禁止になった映画のなかで気になったものをまとめました!(のちに公開された国も含みます)

まず最初にご紹介するのは暴力描写が理由で上映禁止となった映画たち。

悪魔のいけにえ


悪魔のいけにえ 公開40周年記念版 [Blu-ray]

1974年のトビーフーパー監督作品。テキサスを訪れた若者が人の皮のマスクをかぶった殺人鬼「レザーフェイス」とその家族に襲われる様を描いた作品です。
上映禁止国は多いですが、一方で作品がマスターフィルムがニューヨーク近代美術館に永久保存されるなど、その芸術性も高く評価されています。


上映禁止国

ブラジル
フィンランド
フランス
ドイツ
アイスランド
ノルウェー
シンガポール
スウェーデン

食人族

アマゾン川上流未開の地「グリーン・インフェルノ」に向かった探検隊たちが行方不明に。
捜索へ向かったジョン・モンロー教授がグリーン・インフェルノの村で見つけたフィルムが流出した・・・という体のフェイクドキュメンタリー・ホラー。
前述のようにフェイクではあるものの、劇中の動物虐待はすべて本物であり、そのせれも相まって上映禁止となっている国もあるようです。

なぜか日本で10億円以上を売り上げる大ヒットとなりました。


上映禁止国

フィンランド
オーストラリア
アイスランド
マレーシア
ニュージーランド
ノルウェー
シンガポール

時計じかけのオレンジ


時計じかけのオレンジ [Blu-ray]

1971年の映画。スタンリー・キューブリック監督作です。
管理された全体主義と、その中で暴力とセックスに明け暮れる若者の無軌道さのジレンマを描いた作品です。
ニューヨーク映画批評家協会賞、ヴェネツィア国際映画祭などでの受賞もあり、名作と呼ばれる映画であることは確かですが、
やはり前述のとおりの暴力描写により上映禁止国もままある作品です。


上映禁止国

アイルランド
シンガポール
南アフリカ共和国
韓国
イギリス

次にエッチな描写がNGで上映禁止になった作品をご紹介。

フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ


フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ [Blu-ray]

全世界で大ヒットした官能小説を映画化。
2015年年に公開。
平凡な女子大生がサディストの大富豪と深い関係になるという一言でいえばそんな話。
第73回ゴールデングローブ賞 主題歌賞、第88回アカデミー賞歌曲賞にそれぞれノミネートされた反面、
第36回ゴールデンラズベリー賞では、最低作品賞、最低主演男優賞、最低主演女優賞、最低スクリーンコンボ賞、最低脚本賞を受賞しています。

上映禁止国
カンボジア
インドネシア
ケニア
マレーシア
アラブ首長国連邦
ジンバブエ

また、その国固有の理由で上映禁止になった事例もあります。

第9地区

第9地区 [Blu-ray]

2009年のニール・ブロムカンプ監督の長編映画デビュー作品。
地球に亡命してきた宇宙人と彼らを強制移住させようとする人間の職員の話。
SF映画ではありますが、ストーリーはアパルトヘイト時代に起きたケープタウン第6地区からの強制移住政策を題材にしています。
ナイジェリア人は外国人嫌いで人種差別主義者だと批判されているため禁止なのだそう。


上映禁止国

ナイジェリア

ランボー/最後の戦場


ランボー 最後の戦場 [Blu-ray]

2008年公開。
『ランボー3/怒りのアフガン』から、20年ぶりの続編になった今作。
主演、監督、脚本はシルヴェスター・スタローンで今までの暴れまわるランボーは一線を画し、強いメッセージ性のある作品となりました。
「現実に、残忍な暴力や虐殺が起こっている地域を舞台にしたい」というシルヴェスター・スタローンの強い希望や、世界の中で実際に人権が踏みにじられながら、それが注目されていないか忘れ去られていることへの警告としてミャンマーという舞台が選ばれたという経緯があります。
ミャンマー軍を悪役として描いているためにミャンマーで上映禁止になりました。

上映禁止国
ミャンマー

他にも上映禁止になった映画は世界各地で多くあります。
日本でも2008年に『靖国 YASUKUNI』上映中止騒動がありましたね。

表現の自由と自主規制はやはり難しい問題です。

日本で上映禁止になった映画もいずれ紹介したいと思います。

スポンサーリンク

無料で映画を観よう!

いいねやツイートお願いします!