【映画 レビュー】気狂いピエロ

気狂いピエロ [Blu-ray]

ジャン・リュック・ゴダール監督、ジャン・フェルナンド、アンナ・カリーナ出演のロードムービー。

多分、ゴダールを真正面から語ろうとすると、自分の知識の不十分なこともあって、とんでもない怪我を負うことも考えられるので控えめに。

フランス映画です。65年の作品。

アンナ・カリーナ、もちろんお人形さんのように可愛いのですが、ファッションもレトロで可愛いです。

「気狂いピエロ」のスタッフ・キャスト

監督
ジャン=リュック・ゴダール

脚本
ジャン=リュック・ゴダール

製作
ジョルジュ・ド・ボールガール

出演者
アンナ・カリーナ
ジャン=ポール・ベルモンド

「気狂いピエロ」のあらすじ

「ピエロ」と呼ばれるフェルディナン(ベルモンド)は、不幸な結婚をしていた。退屈な生活から逃げ出したい衝動に駆られていたフェルディナンは、ふと出会った昔の愛人であるマリアンヌ(カリーナ)と一夜を過ごすが、翌朝見知らぬ男性の死体を見つけ、彼女と共に逃避行を始める。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%97%E7%8B%82%E3%81%84%E3%83%94%E3%82%A8%E3%83%AD

気狂いピエロ – Wikipedia|ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典

感想・レビュー・解説

スポンサーリンク

無料で映画を観よう!

いいねやツイートお願いします!