史上初!ラジー賞全部門完全制覇した作品とは?!

さて、最近ちょくちょくこのブログでも話題にのせてるラジー賞。

まぁキーワード『ラジー賞』でこのブログでもSEO狙おうとしているから。。。。。。

ラジー賞とは、一言で言ってしまえばその年の最低の映画に贈られる賞。いわばアカデミー賞だとか、ゴールデングローブの対極にある賞ですね。

もちろんその賞の不名誉さゆえに受賞しても授賞式に訪れる人も少ないのですが、今までにポール・ヴァーホーベン監督、ハル・ベリー、サンドラ・ブロックが授賞式に出席し、いずれも大喝采を浴びています。

そんなラジー賞、2011年になんと全部門をひとつの作品が完全制覇するという史上初の事態が起きました。

初の全部門制覇した作品とは

ジャックとジル [Blu-ray]
『ジャックとジル』

2011年(第32回)
最低作品賞:ジャックとジル
最低監督賞:デニス・デューガン(ジャックとジル、ウソツキは結婚のはじまり)
最低主演男優賞:アダム・サンドラー(ジャックとジル、ウソツキは結婚のはじまり)
最低主演女優賞:アダム・サンドラー(ジャックとジル ※女性ジル役として)
最低助演男優賞:アル・パチーノ(ジャックとジル)
最低助演女優賞:デヴィッド・スペード(ジャックとジル ※女性モニカ役で)
最低スクリーンカップル賞:アダム・サンドラー&ケイティ・ホームズまたはアル・パチーノまたはアダム・サンドラー(ジャックとジル)
最低スクリーンアンサンブル賞:『ジャックとジル』の全キャスト
最低前日譚・リメイク・盗作・続編賞:ジャックとジル(『グレンとグレンダ』の盗作)
最低脚本賞:スティーヴ・コレン、アダム・サンドラー(ジャックとジル)

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%87%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%82%BA%E3%83%99%E3%83%AA%E3%83%BC%E8%B3%9E
ゴールデンラズベリー賞 – Wikipedia| ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典

スポンサーリンク

無料で映画を観よう!

いいねやツイートお願いします!